BUGGY
 BASS
 BUG
 Flyrodding for Bass
 Tackle
 OLD Tackle
 Old Bugs
 Reference
 Report

 
 Facebook
 YouTube

 お問い合わせ
 Masahiro Ota

Copyright 1997-2017
Chartreuse Popper.
Allrights Reserved



OLD TACKLE

Pawl H. Young + Hardy Orvis + ATH Phillipson + Hardy Scott + Hardy Powell + Scientific Anglers
Fenwick + Pflueger


■Pawl H. Young Texas General 8'- 5 1/4oz GAAG G3AF 1947
ポール・H・ヤングという人はエヴァリット・ギャリソンやライル・ディカーソンと時を同じくして、伝説的なバンブーロッドをこの世に送り出したビルダーのひとりです。
”Texas General Bug Action design by Don West”と書かれたこのロッドは、ポールヤングのバス用モデルで、重量は5 1/4ozとスチールヘッド並なのに、長さは8フィートしかありません。ティップは異常に太く、ロッド全体でパワーを稼ぐパラボリックアクションそのものです。もともと彼のロッドはパラボリックが多いといわれています。また、ロッドはできれば短い方が良いとも考えていたと思われます。このあたりはシャルルリッツの影響があったのでしょう。グリップ形状もリッツそのものです。
Don West氏について
ドン・ウェスト氏はポールヤングの非常に親しい友人でした。彼はヤング氏に12〜15の高番手モデル、とりわけバス用モデルの製作を助言し、実際に働いていたと考えられます。ドン・ウェスト氏はまぎれもなくバスフライマンでした。ヤング氏がバス用のフライロッドブランクを製作し、フィニッシュ(ガイドの取り付け)をドン・ウェストが行っていました。18年間ヤング氏と共に働いていたボブ・サマーズ氏の証言によると、1940年代後半から1960年ごろまで、しばしば、ドン・ウェストと言う名前のロッドをショップ内で見かけたといいます。そしてその中のモデルは後にヤング氏によって”West's Pet”という名前でカタログにも載せられています。

←1949年のヤングロッドのカタログに登場する初期のウェストロッドがこれです。このロッドは、カタログ中の裏表紙に掲載され、明らかにヤングロッドとは別の扱いを受けています。ドン・ウエスト氏は当初、自分の名前をブランドとしてロッドの販売をしたかったのでしょう。ヤング氏と一緒に働いていたかは定かではありませんが、自分の好きなバスアクションブランクをヤング氏に作らせ、自分のブランドで売っていたことは確かです。私が確認した彼のロッドも、全部バス用モデルでした。

←カタログのロッドには"The Texan"と書かれています。ヤングロッドにも"The Texan"は存在しますが、ドン・ウエストにも"The Texan"は存在していたようです。彼のロッドは#8〜#10モデルがほとんどであり、当時すでにB&B(バス&ボーン)という名前のロッドも作っていました。(これがのちの"West's Pet"となる。) しかし、残念なことに、これらのバス向けフライロッドは、台頭するスピニングタックルに押され、ほとんど売れなかったと思われます。結局ドン・ウェストの夢は、バスのフライフィッシングとともに日の目を見ることもなく、闇に葬り去られたということです。もし、あなたがバスのフライフィッシングが大好きで、バンブーロッドに興味があるのなら、このウェストロッドは絶対に買いでしょう。過去にも現在にも、これほどのバス用バンブーロッドは存在しえないと思うからです。そういう意味で、私は彼のロッドにとても興味があります。もし彼のロッドが順調に売れていたなら、ウェストロッドはバス用フライロッドとして、その名をはせていたかもしれません。だから復活させたいと思うわけです。


■Hardy Perfect 3 7/8" MarkII check Circa1930
さて、話は変わって、このロッドに組み合わせるリールは、やはりハーディー・パーフェクト以外にはないと言うことになります。「おいおい、今までアメリカンで通してきたのにどうしたのだ!」などとは言わないで下さい。確かにバス→アメリカン→フルーガーMedalist1496やオートマチックとなるところですが、このPerfectというリールは僕の好きな1930年〜40年代のアメリカにおいても、やはり高級リールの定番だったようです。当時のリールでカスタムバンブーに合うものといったら、やはりこのハーディーぐらいしかないのです。メダリストはリールフットがプレスで作られ、ポケットリングにはフィットしないようです。要するにこのロッド自体がハーディーのような削り出しのリールフットにフィッティングするように作られているのだと思います。ちなみにこのパーフェクトは1930年代のマークIIチェックモデルで、ガイドリングは瑪瑙が使われています。個人的には1950年以降のエナメル塗装より、それ以前の黒鉛塗装の方が好みです。ラインはシルクブレイテッドのGAAG(DT10番)もしくはGAF(WF9)を使用します。リーダーは3セクションノッテッドリーダー(7.5ft 02X)またはノットレステーパーリーダー(7.5ft 0X)にいずれもスナップスイベルを付けて使用します。

■Phoenix Line Trout 30 yard DT#10
これがフェニックス社のシルクフライラインです。やはりバンブーにはシルクラインが良く似合います。とくにこの色(ストロー)は濃いバンブーには非常にマッチします。シルクラインはプラスチックライン(PVC)に比べ、細く、柔軟性もあり、巻きグセが付きにくく、グリスアップして使用していれば耐久性はPVCの3倍以上といわれています。ただし、実用性から見た対コストの品質は、やはりPVCの方が優れていると思います。


■Cork Popper, Mos Bug, Bucktail Frog, Hula Popper, Hair Frog 1930-1948
さてさて、このタックルで使用するバグは右のオールドバグです。前列左側2つのコルクポッパーと後列のモスバグ、メッセンジャーは1930年代です。このころのポッパーは前面にアイがペイントされているものが多く、これが独特な雰囲気を醸し出しています。コルクボディにはスレッドでバックテイルヘアーが取り付けられています。ブラックのフラポッパーは1948年以前の初期型です。深くカッピングが掘られ、目も彫が入っています。一番右のフロッグはウェーバーです。いづれもフックサイズが#2から#2/0と大きめに巻かれており、シルエットはバスプラグ並の大きさがあります。ライン番手はGAFまたはGBFでキャストします。これらのバグはとても貴重なので実際には使用することはなく、実釣用にはレプリカを作ろうと思います。

■PHILSON TACKLE BOX
これはフィルソン社製のスチール製タックルボックスです。モデル名は"SPINNER 4"といい、スピナーやジグなどの小さなルアーを収納するモデルです。サイズは幅30cm×奥行15cm×高さ20cmで、とてもコンパクトにできており、トレイもスモールベイト用に細かく仕切られているのが特徴です。
ビンテージタックルボックスといえば、やはりアルミ製のUMCOが有名ですが、フライロッドルアーのような小さなベイト用で、これだけの容量があるボックスはあまりないと思います。

←そしてこれがその中身です。すべてを紹介することはできませんが、こんなモノをかれこれ10年も集めてしまいました。中には海外オークションで3個で4万円したものもあります。嫁さんが、「君、バカだね。」と言ってた理由もその辺にありそうです。ただ、4万円まで値段が上がったということは、僕みたいなバカが他にもいたと言うことです。もちろん日本人ではありません。アメリカ人です。日本ではフライロッドベイトのコレクターは、ほとんどいませんが、海外には熱狂的なコレクターもいるようです。この壷にはまったら最後です。


■BASS BUG FISHING by Joe Brooks 1947
ここで紹介したタックルの組あわせは、この本に書いてある内容そのものを年代的に再現したものです。本のコピーライトは1947年ですから、ちょうど上述のポール・ヤングロッドの製造年と一致することになります。著者JoeBrooksはこの本の中で、バス用のタックルは強力でなくてはならないと語り、9フィート〜10フィート、重さ6〜8オンスのバンブーにGBFかGAFまたはGA2Fラインでバスを釣ることを勧めています。これらのタックルは現代の釣り人にとっては、もはや使えるシロモノではありません。しかしその一方で、僕のような物好きな人間にとっては、実際の釣り以外にも布団の上で眺めたり(笑)して楽しむことができます。昔のバスフィッシングの情景に思いをはせるのは非常に楽しいものです。またロマンもあります。1930年代〜1940年代には今のバスプラグを代表するすべてのアイディアが創出され、確立された時代だと思います。ザラ、ジタバグ、クレージクローラーほぼすべてのバスプラグの原型はその後、ノイジー、クワイエット、スイッシャ―など、トップウォータープラグとして体系づけられていくのです。この当時のバスバグ達はそんな無言のメッセージを与えてくれているような気がします。

■ロッドの詳細
バンブーに書かれた文字
Pawl H. Young Co Texas General 8'- 5 1/4oz GAAG or G3AF Bug Action design by Don West
4/3/47 Gene Bullard Dallas,Texas



フェルールはSuperZ ストリップガイドはブラックのカーボロイ
ランニングガイドはブラックのスネーク


Chartreuse Popper