BUGGY
 BASS
 Chronicle
 Tackle
 OLD Tackle
 Old Bugs
 Reference
 Report


 
 Facebook
 YouTube

 お問い合わせ
 Masahiro Ota

Copyright 1997-2018
Chartreuse Popper.
Allrights Reserved


BASS

  Last PrevNext Firstデカバス順


 2012.6.28


日 付:2012/06/27
場 所:護岸B池
サイズ:49cm
ベイト:WP-0101R

毎週水曜日はノー残業デー。本当はやらなきゃいけない仕事沢山あるんですが、ここぞとばかりに17時で退社。そのまま護岸B池へと向かう。しかし池に到着するとなにやらいつもと雰囲気が違う。先日の台風&大雨で、超減水から超満水へと護岸B池は大変貌を遂げてしまっていたのである。うーんマズイ。じつはこういうときの流れ込みは釣れない。散々水攻めにあってさらに新しい水を好むバスはいないから。安定するまでしばらく釣りにはならんな〜っと、インレットにバグを打ち込むもやはり全く反応はなし。念のため付近を散策すると、ゴミだまりを発見。何気なくキャストするとすかさずゴボと、バイトあり。おお、居る!しかしフッキングにいたらず、再度キャステイングを行う。慎重にポーズをとって控えめにアクションさせると、ボッというショートバイトあり。ゆっくりロッドをあおると重さが伝わってフッキング。またしてもいいバス。しかしサイズは50に届かず。

http:// www.bassfly.com/ blackbass/ folder/ 2012062701.jpg

http:// www.bassfly.com/ blackbass/ folder/ 2012062702.jpg
No,135


 2012.6.16


日 付:2012/06/14
場 所:クリア野池
サイズ:47cm
ベイト:WP黒(ラトル)

すり鉢状に全面護岸された非常に深い調整池がある。そこのポイントは用水路より超クリアな水が流れ込むインレット一箇所のみ。以前よりボクは何度かここを訪れたことはあったが、なかなか釣れない。バスは超スレ気味。夜にジタバグ投げたこともあったが、ショートバイトで食いきらず、出てもフッキングしない。厳密には一回フッキングしたことがあったが暴れまくって外された。まさに行く度ごとに敗北を喫していた非常に悔しい調整池なのである。
先日の夕方、仕事を早めに切上げ、ボクはその調整池に向かっていた。そのバスと勝負するために。フライもこの日のために特別に準備したWP黒のラトルバージョン。全面護岸に合わせてスナッグガードもなし。考えてもみれば、スナッグガードの必要ないところでガードつきのポッパーをキャストするほど愚かな者はない。まさにこの日のための一発必釣体制。
釣り場に到着すると他に釣り人も居ない。慎重にアプローチする。ここまで来て失敗は許されない。流れ込みの流真にポッパーをキャスト!流しながら、ピコ、ピコ・・ピコ・・・・すると次の瞬間、ボッ!という例のショートバイト。やったとばかりに合わせて乗った瞬間、全身の毛穴が開く!やったぞ!むちゃくちゃ引く!むちゃくちゃ潜る!・・・上がってきたのは47cmのパンパンバス。やりました。これで昔年の恨み果たしました。

http:// www.bassfly.com/ blackbass/ folder/ 20120614.jpg
No,134


 2012.6.15


日 付:2012/06/11
場 所:たぶんダム
サイズ:44cm
ベイト:WP

宮城県のS藤さんから「バスの顔」が届きました!午後から4時間の釣行で40オーバー5本!おにゅうのフィリプソンにも無事入魂済み!ようやく東北もバスバギングの盛期に入ったようです。


タックル

ロッド スワンプフォックス7.6f
ライン #8 マスタリー
リーダー マキシマ 0X 7.5f
リール メダリスト1495
No,133


 2012.6.4


日 付:2012/06/03
場 所:ダム
サイズ:51cm
ベイト:WP-0101R

琵琶湖が不完全燃焼だったので朝からダム湖へと出撃しました。水通しのよい岬の先端少し沖目にポッパーをキャストし、ポコ、ポコっとリトリーブすると、下からドバ!っとひったくる様なバイト。そのままロッドティップが水中に入り、しばらくのされまくった後、浮上してきたのは50アップ!キャッチした瞬間ひとりでガッツポーズ。ビデオ撮ってたらさぞかしすごい映像が撮れたろうにと思う反面、あれをやってると釣りに集中できないこともあるのでまあ仕方がない。とりあえず琵琶湖の不完全燃焼は解消!

http:// www.bassfly.com/ blackbass/ folder/ 20120603.jpg
No,132


 2012.6.4


日 付:2012/06/02
場 所:Lake Biwa
サイズ:42cm
ベイト:WP-0404R

6月1、2日と琵琶湖へと釣行してきました。釣果は最大42cmと今一歩でしたが、似たようなサイズが6匹釣れたのでとりあえず良かったです。毎年この時期に琵琶湖に行く理由はズバリ、ビックバス狙い。それと今回はラトル入りWPのテストも兼ねてました。50後半のバスがドッバーンっと出ることを期待していくのですが、今回もダメでした。一緒に釣行したY氏なんか、今回は撃沈でした。他も誰も釣れてない中、一瞬ですがフライポッパーだけが入れ食い状態。朝マズメの殺気立つ中、Y氏のポップマックスVSボクのWPで、ポップマックスバイト1回1バラシ、WPバイト7回5キャッチでWP圧勝!お手製のポッパーがポップマックスに勝つってのがすごいでしょ。ただ、一つこのポッパーには大きな欠点があります。それは当たり前ですがフライタックルでしか投げれないということ。軽いという武器が最大の欠点でもあるんです。でもその欠点は人間の技量(フライキャスティング)でカバーしてあげればよいわけです。フライキャスティングができると、より釣りの可能性も広がるってことでしょう。

http:// www.bassfly.com/ blackbass/ folder/ 20120602.jpg
No,131


 2012.5.28


日 付:2012/05/26
場 所:ダム
サイズ:43cm
ベイト:WP-0404R

先週より風邪を引いてしまい、今日は家でおとなしくしてましたが、土曜日に朝だけ2時間ほどダム湖に浮いてきました。倒竹の間にポッパーをキャストし、ポーズをとってパコン、パコン、パコン、停止・・・ゴボッ。いつものパターンでいいバスが出てくれました。サイズは43でしたが、コンディションは最高で、腹パンパン、40そこそことは思えないような強烈な引き込みでした。
http:// www.bassfly.com/ blackbass/ folder/ 2012052601.jpg
No,130


 2012.5.21


日 付:2012/05/20
場 所:中規模ダム
サイズ:49cm
ベイト:WP-0404R

ダム湖一周してバイトがあったのは、たったの2回。非常に厳しい状況ですが、そのうちの一匹がこれです。クチ閉尾開きで49cm。50届かず残念。

http:// www.bassfly.com/ blackbass/ folder/ 201205201.jpg
No,129


 2012.5.7


日 付:2012/05/04
場 所:大分県 玖珠川水系
サイズ:21cm
ベイト:エルクヘアカディス

連休後半、温泉地近くの川で午後から3時間だけ釣りが出来ました。釣果のほうは、ヤマメ4匹、アマゴ1匹。うち3匹は20cmくらいのそこそこサイズでした。

http:// www.bassfly.com/ blackbass/ folder/ 2012050401.jpg

http:// www.bassfly.com/ blackbass/ folder/ 2012050402.jpg

http:// www.bassfly.com/ blackbass/ folder/ 2012050403.jpg
No,128


 2012.4.30


日 付:20120430
場 所:野ダム
サイズ:44cm
ベイト:WP-0404R

朝から野ダムへと出かけてきました。なかなか渋くて、出たのはこの一匹だけ。一度バフっと食い損ねて、また追い食いしてきたパターン。ちなみに前日の夕方、暗くなってからゴボォ!っと大きなマル呑みバイトがあったのですが、それはバラしてしまいました。逃がした魚はかなり大きい!それだけが残念。

http:// www.bassfly.com/ blackbass/ folder/ 2012043001.jpg
No,127


 2012.4.29


日 付:2012/04/28
場 所:蛙飛び込む古池B
サイズ:45cm
ベイト:WP-0404R

このバス、池のかなり沖めで釣れました。やはりスポーニングを意識したバスは、野池の場合、少し沖目のフラットボトムに付くようです。ポジション的には丁度フローターの周回軌道辺りなので、岸際だけ狙っていると、バスが居るのに全く気が付かなかったりするので要注意。

http:// www.bassfly.com/ blackbass/ folder/ 2012042802.jpg

ちなみに動画も撮りましたが、最近地元の方よりクレームを頂いたので一般公開は遠慮することにしました。見たい方はURLをお教えしますのでメールください。それにしてもWEST'Sポッパーはよく釣れます。

http:// www.bassfly.com/ blackbass/ folder/ 2012042801.jpg
No,126


 2012.3.25


日 付:2012/3/25
場 所:名もない池
サイズ:42cm
ベイト:WP-0101

今日は野池に出かけてみました。昨日からの西風は止まず、竹薮からはゴーゴーバキバキっとすさまじい音。そんな中フライのトップは厳しいかと思いきや、案外簡単にパショ!っと出てしまいました。もう完全に表層で食います。


No,125


 2012.3.21


日 付:2012/3/20
場 所:ダム湖
サイズ:46cm
ベイト:WP-0101

先週釣行した野池は、水温9℃で見事に撃沈でしたので、今日は敢えてダム湖へと釣行してみました。もちろん山上のダム湖は、さらに水温が低いと思われます。しかしワンドの奥というのは、案外水温があるのではないか?特に入り組んだ細いワンドの奥はなおさら怪しい。人も入っていないだろう。もしかしたら産卵を意識したデカバスが、ウロついているかもしれない!う〜む怪しい!怪しい!そんな勝手な思い込みを胸に、結局午後からダム湖へと出撃したのでした。ダム湖に到着したのは16:30頃。まだまだ日も短く、じっくりやってる時間もありません。とりあえずワンドの奥だけに狙いを絞ってフローターで出撃しました。途中の美味しそうなポイントもすっ飛ばし、ワンドの奥に到着したら慎重にポッパーを打ち込み、長めのポーズをとって弱々しくアクションさせる。ポコポコ・・・・・・・・ポコ・・・・・・・・・・・ポコポコ・・・・・・・・・・この繰り返し。しかし、よりによって最後のワンドまで全く反応ありませんでした。つまり、ほとんどのワンドの奥にバスは居ませんでした。そして寒々とした夕日を見ながら、さようならボクの祝日、もう終わり。そう諦めていたそのとき!何故か最後にドラマが...。ポコ・・・ポコ・・・、ツボ!最後のワンドにバスは居ました。これだからバス釣りは最後までわからない。今年も無事に初バスがキャッチできてよかったです。とりあえずトップシーズン開幕です。


No,124


 2011.11.13


日 付:2011/11/12
場 所:ザ・野池
サイズ:55cm
ベイト:WP-0707 SIZE1/0

久々に記録モンが出てしまいました。なんとごじゅうごです。久々の55オーバーです。このところ撃沈が続いていたので、むちゃくちゃ嬉しかったです。午後3時くらいから浮いて、明るいうちに小バスは5匹くらい釣れていたのですが、なかなかサイズアップせず、18:30ごろ、もう真っ暗になって戻る途中で、これが出ました。動画は音だけがゴボ!っと、すごい吸い込み音が入ってます。あまりの嬉しさに真っ暗闇でかん高く雄叫びをあげる自分の声が気持ち悪いので、動画公開は止めときます(笑)。この時期になると、もうウィードもほとんどなくなり、今までカバーの奥に潜んでたデカバスがいろんなところに移動しているような気がします。バスの居場所が特定できないこの時期ですが、居る所にはいるので、まんべんなくバグを打ち込んでいくと、こういう大当たり!も有りということでしょうか。まあ、良かったす!
http:// www.bassfly.com/ blackbass/ folder/ 2011111202.jpg
http:// www.bassfly.com/ blackbass/ folder/ 2011111201.jpg
No,123


 2011.10.17


日 付:2011/10/16
場 所:野池C
サイズ:49cm
ベイト:WEST'Sポッパー

久しぶりに50近いバスが釣れました!でもカメラのスイッチ入れ忘れてて、残念なことに動画が撮れずじまい。でも出方は、ポッパーがフッっと、水面から消える感じで派手さはありませんでした。
http:// www.bassfly.com/ blackbass/ folder/ 20111016.jpg
No,122


 2011.10.17


日 付:2011/10/15
場 所:ザ・ダム湖
サイズ:45cm
ベイト:カーチスポッパー

カーチスポッパーのパープルコーチドックカラーが完成したので、ちょっとテストで使用してみました。ポップ音はFRED'Sポッパーに比べて少し控えめで、音色は乾いた音がします。アクションは期待通り、アーボガスト社とほとんど一緒でした。なかなか良い感じですが、ボディ色はパープルと言うよりも、かなりピンクっぽく、なってしまったのが少し残念です。
http:// www.bassfly.com/ blackbass/ folder/ 20111017a.jpg
ちなみに、これからスカートを作るのですが、作り置きしておいた原料の液体ラテックスが、全部固まってしまったため、現在原液を取り寄せ中です。こんなことばかりやってると、段々部屋が怪しくなってきます。
http:// www.bassfly.com/ blackbass/ folder/ 20111017b.jpg
http:// www.bassfly.com/ blackbass/ folder/ 20111015.jpg


No,121


 2011.10.17


日 付:2011/10/1
場 所:ダム湖
サイズ:43cm
ベイト:WEST'Sポッパー#1/0(Rattle)

ここんとこ、更新サボってたので、これからまとめて更新します。


No,120


 2011.10.5


日 付:2011/9/28
場 所:不明
サイズ:不明cm
ベイト:FRED'Sポッパー1st

こんにちは。台風15号も通過し、まとまった雨がふったので行ってきました。フレッズポッパーは威力を発揮しましたよ!35、39、他30オーバーをバラしました。プチ荒食いといった感じでバイトの連続でした。しばらく大減水だったのでエサ不足のようです。ポチャンと落ちてじゅわっとスカートが揺らめくのがたまらないみたいで即バイトです。今日は最高21度、最低15度でした。午後マヅメを狙い、12時に入水しました。水温しだいではもう少し遊べるかも知れません。

使用タックル
ROD:Fenwick HMG 858
REEL:メダリスト1495 1/2
LINE:3Mマスタリー#8
LEADER:マキシマ0X
http:// www.bassfly.com/ blackbass/ folder/ 201110051.jpg

MASAHIRO
FRED'Sポッパーでの「バスの顔」投稿有難うございました。こちらはこのところ風邪をこじらせ寝込んでました。また来週から釣りにいきますよ。
No,119


 2011.9.25


日 付:2011/09/24
場 所:ザ、ダム湖
サイズ:47cm
ベイト:イエローバスバグ

午後から近県のダム湖に出撃してきました。先週からの台風で、どこもかなり濁りが入っている状況ですが、山上のダム湖は比較的濁りも少なく、ヘアバグを落とすと、ゴボ!っと吸い込みバイトしてきました。久々に良いサイズが出てよかったです。

http:// www.bassfly.com/ blackbass/ folder/ 20110702.jpg


No,118


 2011.9.18


日 付:2011/9/17
場 所:野池B
サイズ:39cm
ベイト:FRED'Sポッパー1st

朝から野池に浮いてきました。先日の台風直撃と前日からの大雨で、池はどこも増水し、濁りがかなり入っている状況です。こういう状況だとあまり釣れないのですが、唯一釣れる可能性があるのが流れ込みです。雨が降るとバスは大抵流れ込みに集まって、濁りと綺麗な水の境目あたりにいることが多いように思います。そういう状況のバスはフライを落すと必ず一発で食ってきます。しかし雨が長く降り、流れ込みが濁流になってしまうと全くダメです。つまり雨が降ったら早めに釣りに行く。これがキモです。



No,117


 2011.9.2


日 付:2011/8/31
場 所:野池B
サイズ:46cm
ベイト:WEST'Sポッパー(ドラゴン)

じつはこの前の日曜日、釣りに行って見事に撃沈となりました。久々の撃沈で、しかも完全にノーバイト。しかしフライに全く反応がないのに、なぜかゴボ!とバスの捕食音だけは聞こえてくるのです。しばらく観察していると、ワンドの奥で凄い光景を目にしました。45センチくらいのバスが空中に高々とジャンプしてトンボを食おうとしているんです。よく見ると、赤とんぼが水面に、チョンチョンチョンと産卵をしていて、それに反応したのだとわかりました。普通、トンボに出るくらいならフライに出てもよさそうなもんですが、晩夏になると、なぜかアトラクターが効かなくなるという傾向が結構あります。つまり、本物のトンボしか反応しなくなるということです。なぜこうなるのか、理由は定かではありませんが、たぶん、シーズンも後半になるとフィッシングプレッシャーでバスがスレてくるのと、秋にかけてトンボが多くなり、バスの捕食の対象が完全にマッチ・ザ・ドラゴン状態になってしまうからではないかと思われます。ちなみに琵琶湖の遥か沖でもトンボは悠々と飛んでいたので、トンボパターンは琵琶湖のデカバスにもそれなりに有効だと思われます。毎年こういう状況に直面するたび、トンボパターンをやろうと思い、これまでいろんなトンボパターンを試してきたのですが、なかなか気に入ったものが出来ていません。
http:// www.bassfly.com/ findmaterials/ annex/ 41_Picture.jpg
http:// www.bassfly.com/ bassfly/ 44_index_msg.html
http:// www.bassfly.com/ bassfly/ 41_index_msg.html
通常トンボパターンと言うと、キャストして置いておくだけのものが多いのですが、そういうバスフライは、ボクはあまり好きではないんです。だから今回、思いつきでWEST'Sポッパーのラバーレッグの代わりにナイロンヘアーでウィングを付けてみました。すると案外コレで良いのではないかと...(笑)。羽が付いただけでかなりトンボっぽくなりますし、アクションも高浮力を生かして、ツン、ツン、ツンと羽が付いたまま波紋アクションが可能です。まさにトンボを意識しながら一日中使えるポッパーなわけです。ということで早速、撃沈池へ夕方からリベンジ。ワンドの奥のど真ん中に落としてツンツンやっているとゴボ!と出ましたよ。バスがトンボと思ったかどうかはバスに聞いてみないとわかりませんが....。この秋はトンボのいる池でぜひコレを試してみたいです。
http:// www.bassfly.com/ blackbass/ folder/ 20110831.jpg
No,116


 2011.8.13


日 付:2011/8/12
場 所:高所野池
サイズ:48cm
ベイト:WEST'Sポッパー#1/0(Rattle)

昨日は夕方6時ごろから野池に出撃してきました。この時期になると、野池はどこもかなり減水している所が多いのですが、今回向かった池はほぼ満水で、若干の減水といったところでしょうか。この時期のバスバギングは、バグをシェードに入れて虫をイメージした"波紋アクション"でバイトを誘うというのが基本になります。結構重要になってくるのがバグの浮力。浮力が高いほどキビキビとしたアクションが可能になります。この時期フライが強いという理由も、実はこのあたりにあります。ただこの池、ウィードが全くないので水質が悪く、バスのコンディションはあまり良いとはいえません。夕方になってようやくデカイのがツボ!っと吸い込みバイトしてくれました。最後にいいサイズが出てよかったです。


No,115


 2011.8.11


日 付:2011/8/10
場 所:3段皿池の真ん中池
サイズ:49cm
ベイト:WEST'Sポッパー#1/0(Rattle)

昨日はノー残業デーのため、仕事が終わってから一旦帰宅し、最近よく行く三段皿池へと出撃しました。お盆に入りさすがに日も短くなってきているようで、19:00時から始めても19:30でもう真っ暗になります。だから基本的に釣りが出来るのはたったの30分です。ポイントを絞って一発必釣で臨みます。この池のお目当てはワンドの奥のウィードエリア。その藻穴にWEST'Sポッパーをキャストし、20秒くらいポーズをとって、3回ポッピングアクションを加えます・・・・パコン、パコン、パコン・・・・・ドバ!狙い通り藻穴から出たバスは、体高のある49cm。コンディション抜群でした。
No,114


 2011.8.8


日 付:2011/8/7
場 所:ザ、ダム湖
サイズ:48cm
ベイト:WEST'Sポッパー#1/0(Rattle)

今日はダム湖へと釣行してきました。午前中だけやって、40オーバーが3本(+コバス数匹)でした。コシアキトンボが水面スレスレを飛び回っていて、バスの注意も完全に水面に向いているようでした。こういう状況で、比重が昆虫並みのポッパーをポッ!と水面に落とすと、そのままパフ!っと食ってきます(笑)。やはり真夏のフライは強いですね。日中でも真面目にトップウォーターゲームが楽しめます。ただこの時期の日差しは半端でないので、暑くて体が持ちません。午前中で帰りました。帽子と水分補給は絶対です。


No,113


 2011.8.4


日 付:2011/8/3
場 所:三段下池
サイズ:45cm
ベイト:WEST'Sポッパー#1/0(Rattle)

スティンガーフックに変えてから、釣れる魚のフッキング位置がみんな似たような場所になった気がするのですが、これは偶然でしょうか?似たような場所とは、クチの入り口付近です。つまりバスのクチの中で刺さらずに、クチの入り口付近にちゃんと刺さっていることが断然多くなった気がするのです。このフッキング位置なら、ポッパーヘッドはクチの外に出ているので、ティペットはバスのクチには接触しません。まさに理想的なフッキング位置と言えますが、ディブ爺さんの記事によると、そもそもスティンガーフックはスナッグガードを併用することを前提としたフックで、ゲイブ幅の確保と同時に、フックポイントを内向きにすることで、メリハリのあるフッキングとスナッグレス性能、さらにフッキング後のホールド性を高めたものだそうです。ですから負荷がかかるところでよく刺さり、負荷のないところでは刺さらない ⇒ いちばん負荷のかかるクチの入り口付近で良く刺さる。ということが言えるのかもしれません。まさにバスバッギングのための専用フックなわけですが、デカすぎるバーブだけが、ちょっと気になるところです。(笑)


No,112


 2011.8.1


日 付:2011/7/30
場 所:7年ぶり池
サイズ:53cm
ベイト:WEST'Sポッパー#1/0(Rattle)

ポーズ中のWEST'Sポッパーをピックアップしようとした瞬間、突然ドバ!っと強烈なバイト。そのまま息もつかせぬ勢いで前方に突っ走り、ラインブレイク寸前でジャンプ。久々のデカさに取り込む手が震えました。それにしてもこのバス、かなり近くでバイトしたのですが、たぶんずっと追ってきていたのだと思われます。バイト寸前の状態でスイッチが入ったのは他でもないラトル効果のおかげです。これぞラトル効果。狙い通りの性能を発揮した瞬間です。

http:// www.bassfly.com/ blackbass/ folder/20110730.jpg


No,111


 2011.7.31


日 付:2011/7/31
場 所:ザ、野ダム
サイズ:51cm
ベイト:WEST'Sポッパー#1/0(Rattle)

WEST'Sポッパー(Rattleバージョン)の黒カラーを作成し、夕方から野ダムへと出撃してきました。今回使用した黒のWEST'Sポッパーには極小サイズのグラスラトルを20個ほど入れてみました。ラトル音は入れるラトルの大きさでかなり音色が変わります。小さいサイズのラトルほど、音色はシャリシャリとした高音になるようです。それが効いたか、インレットでは間髪いれずに50オーバーが虫吸い込みバイトでドバッ!っと出ました。


No,110


 2011.7.31


日 付:2011/7/19
場 所:ランカー砦(中規模野池)
サイズ:45cm
ベイト:ペックススペシャルポッピングミノー

太くて力のあるバスでした。あと5センチです!

ロッド:FENWICK FF80
リール:メダリスト1495
ライン:ロイヤルウルフTT7F
リーダー:マキシマ0X 7.5ft

S藤44歳様、メールありがとうございます。(MASAHIRO)
No,109


 2011.7.29


日 付:2011/7/23
場 所:印旛の護岸川
サイズ:46cm
ベイト:WEST'Sポッパー(自作)

護岸際を黙々と責め歩いていたらゴボッと出ました。傷一つないデブバスで嬉しかったです。

http:// www.bassfly.com/ blackbass/ folder/ kobarn46.jpg

ロッド:fenwick FF858
リール:フルーガーメダリスト1495 1/2
ライン:リオ バスWF8 F
リーダー:マキシマ0X 7.5ft

コバーンさん、メールありがとうございます。(MASAHIRO)
No,108


 2011.7.18


日 付:2011/7/17
場 所:ザ、ダム湖
サイズ:46cm
ベイト:WEST'Sポッパー#1/0(Rattle)

WEST'Sポッパーのラトルバージョンを試すため、ちょっと近県のダム湖に午前中だけ釣行してきました。結果はかなり上々で、ラトルが入っていてもアクション、ポップ音、浮力、安定性、耐久性など、既存のWEST'Sポッパーと全く変わりませんでした。考えてもみれば、ヘッドに空洞(ラトルチャンバー)があるのですから、浮力が落ちるわけもなく、歯切れの良いポップ音にラトル音が混じり、かなり完成度が増した気がします。これでWEST'Sポッパーは3rdバージョンになります。1stはカッピングバージョン、2ndがラバーレッグバージョン、3rdがラトルバージョン。ちなみにボクの知る限り、フライポッパーにラトルが入った製品というのは今まで見たことがありません。つまり、世界初だと思います!(笑)そう、世界で初めてコルクポッパーの前面をカッピングしたのはペックポッパーのペキンポーさん、世界で初めてフライポッパーにラトルを入れたのは?→ハイ、ボクです(笑)。こんなことでも世界初って言えるんです。まあ、今の時代、こんなローテクで、世界初もクソも無いのですがね....。ただ、バスフライって夢がありますよね。ローテクだからこそ、夢がある。全て自分の手作りですから。釣具屋に行けば、凄いルアー売ってます。お金出せば買えます。でもそれだと人間よりも工業製品のほうが重要になってしまう。だからボクはローテクです。このラトルバージョン、水面に落としたら分かるのですが、着水時に"ジッ"という音がするんです。これがミソ。オーバーハング下での虫の落パクパターンで、相当効くはずです。実際、今回の釣行でもほとんどが、この落ちパクパターンでした。皆さんもやってみてください。ラトルの入れ方はまたBUG BOXのコーナーで紹介しようと思います。


No,107


 2011.7.15


日 付:2011/7/13
場 所:山田の池
サイズ:46cm
ベイト:WEST'Sポッパー(ラトル入り)

この一週間、WEST'Sポッパーにどうやってラトルを入れるか、そればっかり考えてました。最初は市販のワーム用ラトラーを入れてましたが、それではやはりダメなんですね。ポッパーヘッドという小さいスペースに入れられるラトラーでは、音もそれなりに小さく、規則的な動きでしかラトル音が鳴らないのです。つまりポーズ中の姿勢変化だけで"シャカ"とはいわないのでダメだと...。何か他に良い方法はと、試行錯誤を繰り返した結果、最良と思われる方法が分かりました。その方法とは、また今度、画像付きで紹介しますが、簡単に説明しますと、手順は以下です。@WEST'Sポッパーのヘッドの背面を一ミリ程度カミソリで剥がし、めくりあげる。Aリューターで背面からボールドリルを入れてポッパーヘッド内にチャンバー(空洞)を作る。Bそのチャンバーにアロンアルファを2〜3滴垂らし、全体にいきわたらせて乾燥させる。C完全に乾いたら2mm程度のグラスラトルを5個ほどチャンバーに入れる。Dめくり上げた背面を戻して蓋をする。以上で手順完了。アロンアルファは固まるとカチンコチンに硬くなるので、チャンバー室内のラトル音が大きくなるとともに、空洞になったヘッド本体を補強する役目も果たします。
ということで、早速、完成したプロトタイプで堰堤からシャカシャカやって釣ったのが写真のバスです。まだこの1本だけですが、夜のバスバッギングには最高の効果を発揮しそうです。
No,106


 2011.7.8


日 付:2011/7/6
場 所:なかなか辿り着けない池
サイズ:43cm
ベイト:WEST'Sポッパー(ラトルタイプ)

先日、琵琶湖釣行で連れが使用していたPOP-MAXというルアーが、琵琶湖で爆釣なんだとか。ちょっと見せてもらって気付いたのですが、ラトルが入っているんですね〜。そう言えばこの手のポッパーって、みんなラトルが入ってるよなぁ〜と。例えば、あのレーベルのポッパーなんか、カラ!カラ!っと、そりゃもうかなりデカめのラトルが入っています。なぜ、こんなデカいラトルをわざわざ入れる必要があったのか?いろいろ考えてみると、たぶんバイト寸前のバスに、スイッチを入れさせるためではないかと思うわけです。つまり、ポーズ中のポッパーが、何かの拍子に揺れてラトルがカラッ!っといった瞬間ドバ!っとバイトする。そんな感じです。そう考えてみると、WEST'Sポッパーにもぜひ入れたい。そう思って、早速ラトルを入れ、夜の野池でテストしました。イメージ的にはパコン、パコン、パコン、停止、シャリ・・・ドバ!ってな感じです。実際に釣果は上々で、最大43cmを頭に40クラスが3本、いずれもポーズ中に食ってきました。この池でのこの釣果は今まであり得なかった釣果でした。まあ、たまたまバスの活性が高かったのかもしれませんが...。しかしポーズ中のラトル音が何かしら有効なことは間違いないと思います。皆さんもぜひやってみてください。ラトルは市販のボーンラトラーのSSサイズをフォームヘッドにブッ刺してもいいですし、自作も出来ます。
No,105


 2011.7.4


日 付:2011/07/02
場 所:LAKE BIWA
サイズ:48cm
ベイト:ヘアバグ #1/0

この土日、琵琶湖に行ってきました。釣果的には48cmが2本ということで、期待した50オーバーは出ずじまいでしたが、バイトも結構あったので、まあ、良かったというべきでしょうか。残念なのは、夜にかなりデカそうなバイトが2回あったのですが、2回とも合わせと同時にラインブレイクしてしまった事です。これが非常に残念です。使用しているリーダーは、マキシマの0X7.5ft、ティペットは14ポンドですが、ゴボ!っと出て、バスバグが丸呑みされると、ティペットがバスの歯で擦れて切れてしまうのです。これにはバイトの頻度も関係していて、今回18時間程度やって、バイトがあったのは10回くらいですから、バイトは2時間に1回程度と言うことになります。2時間に1回のバイトでも、キャストはずっとしているわけで、結び換えもせずティペットが劣化しているところに突然ドバ!っと来るので、なおさら切れやすいということです。あと、バグフロートなどのフロータントを塗った手でティペットにバスフライを結ぶと、ダンカンループノットなどはフッキングと同時にループが締まり、そのまま抜けてしまうことがあるので、これも要注意です。まあ、全部今回の言い訳ですが(笑)...しかしこんな話、当たり前かもしれませんが、フライタイイング教書にも、デイブ爺さんの本にも書いてないので...。ということで、これからはダンカンやめてハリソンにします。それと琵琶湖のバスには、できたらやはりティペットは16ポンド以上が必要だと思います。

http:// www.bassfly.com/ blackbass/ folder/ 20110702.jpg


No,104


 2011.6.26


日 付:2011/06/25
場 所:鵜飼教授ダム
サイズ:43cm
ベイト:WEST'Sポッパー #1/0

ここは某有名リザーバーのインレット付近。この先にある川の流れ込みで一発ランカーを捕ろうと、準備万端で挑んだのですが、流れ込みに行ってみると、すでに岸から2本も竿が出ているのが見えてガックリ。出来ずに引き返してきました。それにしてもこんな未明から同じようなこと考えているやつが居たとは・・。ちなみに動画のバイトシーンはフライポッパーの典型的バイトパターンです。パコン、パコン、パコン・・ツボ!この"ツボ!"というのは、いわゆる"虫吸い込み"バイトと言って、その時々によってボッ!とかツバ!とか様々ですが、バスが水面に落ちた軽いモノ(テレストリアル)を捕食する時のバイト音です。


No,103


 2011.6.22


日 付:2011/06/22
場 所:先着順池
サイズ:47cm
ベイト:WEST'Sポッパー #1/0

水曜日はノー残業デーなので17時に仕事を終わらせて野池へと出撃しました。到着すると、先着の釣り人が一人居たので、こりゃアカンと思いつつも、やってみたら、あっけなく釣れてしまいました。


No,102


 2011.6.20


日 付:2011/6/19
場 所:山上湖
サイズ:45cm
ベイト:WEST'Sポッパー #1/0

フライマンの方なら何度か経験があるかと思いますが、水深があるところをフローターで移動中に突然ドバ!っとデカバスが出てしまうことがあります。今回はそれです。なぜこういうことが起こるかというと、たぶん中層にサスペンドしていたバスが、引き波に誘われて、表層まで上がってくるからだと思われます。ちょっと前に岩井さんが、マジックミノーでやってた"CALLING UP"まさにあの原理です。あれは確かに効果が高く、プレッシャーの高いメジャーレイクでも、日中平気でトップに出まくります。最近、気が付いた事でですが、この"CALLING UP"の決め手となるのは、軽いものが移動する時の"微妙な引き波"だということです。実際にバスバグでもポッパーでも同じようなことは何度も起こっています。特に雨の日、透明度の高い山上湖などで頻繁に起こります。だからフローターで移動中、ロッドは必ず手に持ってます。これで竿ごとドバ!→ドボン!では悔やみきれませんから。

http:// www.bassfly.com/ blackbass/ folder/ 20110604.jpg


No,101


 2011.6.15


日 付:2011/06/15
場 所:近くの池
サイズ:47cm
ベイト:WEST'Sポッパー #1/0

WEST'Sポッパーの改良版のテスト中に47cmが釣れました。改良はマスタッドの37187#1/0フックに、レイダウンル­ープガードを組み合わせたものです。フッキングは今のところ、かなり良好です。


No,100


 2011.6.12


日 付:2011/06/12
場 所:最近よく行く池
サイズ:48cm
ベイト:WEST'Sポッパー

また結構、雨が降ったため、再度滝つぼインレットへと出撃してきました。前回よりもさらに水量は増え、かなり濁りが入っている状態でしたが、WEST'Sポッパーを流れに乗せながらピコピコ動かしてやると、躊躇せずに食ってきます。ちなみに他の場所は全くバイトもなく、この滝つぼインレットだけに、魚が集まっているようでした。


No,99


 2011.6.6


日 付:2011/06/04
場 所:うっそうとした池
サイズ:49cm
ベイト:Queen Bee

こう言う、うっそうとした野池はデカバスが潜んでいるから、小さな野池でも油断は出来ません。ほとんど藻だらけ&竹藪みたいな所なので、スナッグガードはダブルか、もしくはレイダウン・スクエア・ループという大き目のループガードが必要です。
http:// www.bassfly.com/ bassfly/ 100_index_msg.html
それにしても、こういう所でやるバスバッギングは本当に楽しいです。

http:// www.bassfly.com/ blackbass/ folder/ 201106042.jpg


No,98


 2011.6.5


日 付:2011/06/04
場 所:山上湖
サイズ:45cm
ベイト:West's Popper FL.Yellow

昨日と今日は、東京から釣友S氏が遊びに来て一緒に釣りに行ってきました。先日の台風の影響で、釣り場はどこも急激に増水し、特にダム湖は濁りがひどく、釣りにならない状況でしたが、そんな中でも山上湖のインレットは比較的濁りも少なく、40オーバーが立て続けにWest'sポッパー出ました。濁りがとれたら、さらに爆発しそうな感じです。

http:// www.bassfly.com/ blackbass/ folder/ 20110604.jpg


No,97


 2011.5.30


日 付:20110529
場 所:3度目の正直池
サイズ:49cm
ベイト:カーチスポッパー

今日は朝、51cmが釣れたので、とても満足して、日中は静かに家で音楽でも聴いているつもりだったのですが、夕方くらいに急にある池が気になりだして、PM5時ごろから、土砂降りの雨の中、また浮いてしまいました。それにしても、台風接近とか、大雨洪水警報とか、人間が釣りなんかしたくなくなるような天気に限って、なぜかデカバスが釣れます。カーチスフラポッパーにドバ!っと出ました。ただ、雨のため、動画はうまく撮れていません。レンズに水滴が付くとそれにピントが合ってしまうんですね。次からは雨でも撮れるよう対策をしたいと思います。

http:// www.bassfly.com/ blackbass/ folder/ 20110529b.jpg


No,96


 2011.5.30


日 付:2011/05/29
場 所:最近よく行く池
サイズ:51cm
ベイト:イエローバスバグ

台風が接近している割には小雨で風もなく、よさそうな天気だったので、朝イチで野池へと出撃してきました。連日の雨で、池はかなりの増水。いつも干上がっている池奥のゴロタ石付近がいい感じで水没していたのでやってみるとズボ!っと食ってきました。久々の50オーバーでした。

http:// www.bassfly.com/ blackbass/ folder/ 20110529.jpg


No,95


 2011.5.26


日 付:20110525
場 所:アリバイ池
サイズ:45cm
ベイト:JITTERBUG

今日は満月の夜ではありませんが、ジッターバッギングが急にやりたくなり、仕事が終わってから野ダムへと直行しました。堰堤からカポ、カポ、やってると、4投目ぐらいでゴボ!っとすごい音で出ましたよ。フライと違ってルアーは手返しが良いので気楽に楽しめます。いまさらながら、ジッターバグってほんとに楽しいプラグだと改めて思った次第です。
No,94


 2011.5.15


日 付:2011/05/15
場 所:誰も来ない池
サイズ:45cm
ベイト:イエローバスバグ

今日は午後3時から歯医者に行き、その足で野池へと向いました。実際に釣り始めたのは午後5時をまわっていたと思いますが、この時期は日も長く、5時から始めても3時間くらいは釣りができるのです。しかし結果的に言いますと、明るいうちにバイトはなく、動画も撮れませんでした。終了間際、ウィードエリアにヘアバグをキャストし、パコンパコン、ズボ!っと、ようやくバイトがあり、すごい突っ込みで期待したものの45cmでした。そもそもこの池、誰も人が来ません。たぶん魚影が薄いからだと思います。なんせ、フライポッパー池一周投げまくって1バイトあるかないかの池ですからね。いやほんとに。まだブルーギルでもチュパチュパ居てくれた方がマシなくらい、ギルどころか小バスも居ない。その代わりというか、やたらカメが多い。
http:// www.bassfly.com/ blackbass/ folder/ 20110515.jpg
No,93


 2011.5.8


日 付:2011/05/08
場 所:久かたぶり池
サイズ:47cm
ベイト:ヘアバグ

今日でGWも完全に終わってしまうわけですが、皆様今年のGWはどうでしたか?ボクはカヌー積んで南紀の七川ダムまで行きましたが、急激な増水で、釣果はイマイチでした。今日も朝からやって5時間以上ノーバイト。お日さまも昇り、あきらめかけたAM11時、突然、藻穴からボコ!と出て、バラすまいと慌ててしまいました。とりあえずいいサイズが釣れてよかったです。感動もひとしおでした。
No,92


 2011.5.1


日 付:2011/04/30
場 所:ひょろなが池
サイズ:43cm
ベイト:ヘアバグ

夜中にヘアバグ巻いてそのまま池へ。出方は控えめでしたが、なかなかのファイトでした。やっぱヘアバグ釣れますね。


No,91


 2011.3.21


日 付:2011/3/20
場 所:半年ぶり池
サイズ:46cm
ベイト:Dick Kotis フラポッパー

久々に釣りに行ってきました。実に4ヶ月ぶりの釣行です。この間、仕事が忙しかったり、大地震のすさまじい被害をテレビで見たり、ほとんど気分的には釣りどころではない感じなのですが、池の水温が14℃まで上がったので、とりあえず試しに浮いてみました。あまり良いことの無い最近の日本ですが、とりあえず今年もシーズンインです。

No,90


 2010.11.17


日 付:2010/11/14
場 所:なかなか辿り着けない池
サイズ:43cm
ベイト:イエローバスバグFL

秋も深まる11月14日、午後4時ごろからフローターでちょっと気になる野池に浮いてみました。時期も時期なので、釣果的には、あまり期待していなかったのですが、釣り始めて15分くらいで、あっけなくヘアバグにガボ!っと出たので嬉しかったっす。ちなみに水温は14度。まだまだトップに出るかも。





No,89


 2010.10.4


日 付:2010/10/3
場 所:山田の池
サイズ:47cm
ベイト:ポリエチレンポッパー

秋になって水温も下がり、バスの活性もかなり良くなってきました。今回は黒のポリエチレンポッパーで早朝から2時間程度釣りをしましたが、非常に良い釣りが出来ました。ボクのポリエチレンポッパーは基本的にWEST'Sポッパーと形状は同じなんですが、ヘッドに建設用のバックアップ材(発砲ポリエチレン)を使っているのが特徴です。このポッパーはWEST'Sポッパーよりもさらに浮力が強く動きも安定しているので、今日のように風が強く水面が波立っているような場合でも安定したポップ音で存在感を出すことが出来ます。
ところで話は変わりますがバイトシーンの動画は本当は一本にまとめたいのですが、現在ボクのPCはメモリー不足で動画編集ソフトが動かないので当分はこんな感じで複数投稿になります。
















ちなみに今回のタックルはひさびさにフィリプソンのバスロッドを使いました。
http:// www.bassfly.com/ blackbass/ folder/ 201010031.jpg


人間入りの写真
http:// www.bassfly.com/ blackbass/ folder/ 201010032.jpg
No,88


 2010.10.1


日 付:2010/9/30
場 所:山田の池
サイズ:49cm
ベイト:WEST'S POPPER

久々に50近いやつが釣れました。夕方から始めて全く反応もなく、完全に暗くなってしまい、そのまま惰性でやっていると、突然ド­バ!っと強烈なバイトあり。このバイトは残念ながらフッキングしませんでしたが、心臓が飛び出そうな臨場感ある音が入っ­てます。





この後、少し間をあけて、その間にウィードガードを外しフックを研いで再度キャストすると、今度は­ツボ!っとフッキングしました。もう完全に日も沈んでいるため、真っ暗で映像は撮れて­いません。音だけです。最後に独り言で何やら呟いてます。しかしデカイのが釣れるとやはり嬉しいです。






人間入りの写真は以下です。
http:// www.bassfly.com/ blackbass/ folder/ 201009302.jpg
No,87


 2010.9.28


日 付:2010/9/26
場 所:ウワサの野池Z
サイズ:不明cm
ベイト:WEST'S POPPER

日曜日の夕方より古い野池へと釣行してきました。野池にもいろいろありますが、うっそうとして釣り人が入れないエリアのある野池には、少なからずデカイのが居るのではないかという噂がたちます。この池も二つあるワンドの奥は前人未到の倒木竹薮&ヒシモびっしり状態で、この奥にはロクマルがいるというウワサさえあります。いつかその奥にダブルガードのガンビルフロッグを投げ入れて、ピロピロ動かしてみたいのですが、フローターだとそこまで行くのも不可能状態。したがって今回は、狙えるエリアでコバスを釣っておとなしく帰りました。






No,86


Last PrevNext Firstデカバス順


Chartreuse Popper  HOME